大抵の車の保険の会社は親切丁寧とCMをしていますが、交通事故をしてしまった際に実際にきちんきちんと取り組んでくれるか気になります。特にインターネットや電話で加入できるダイレクト型と言われる代理店所持していたい自動車保険の会社では対応が分かりにくいという状況も不安材料となりそうです。とは言ってもダイレクト型と実在するお店がある自動車保険の対応力にそれほど大きな差はありませんし、ダイレクト自動車保険のほうが人件費がかからない分月々の掛金が下げることができるので事故を起こさなければ保険掛金を安く抑えることができるのです。それでは自動車保険が異なることで対策に差がでるかといえばあると答えます。その隔たりは代理店型ダイレクト型自動車保険というような区別ではなく各々の自動車保険会社によって事故の取扱いをする時間や日にちが違うことが挙げられます。自動車事故はどんなタイミングで遭遇するか予測できませんので事故の受付は365日受付してくれるのは欠かせない条件であり、そして祝日や夜遅くに起こってしまった事故の取扱いが正確にされていることを調査することが必要です。会社によっては四六時中事故の受付となっていても対応時間が平日と休日で異なり短いところもあったりしますので調査しておくことが大事です。さらにまさかの時を考えて自動車の保険の会社の対応拠点もちゃんと調査しておくことも必要です。いくら大きな会社でも事故拠点が遠ければ事故の対応ができないこともございますので、自宅の近所に処理拠点があるかを事故の対応の差を評価する基準のひとつです。大手の自動車保険会社は地方ごとに対応拠点を保有していることが多くあるので連絡したときの対応も優れていてその状況でするべき自己対応にも正確に判断をしてくれると評価が高いです。