自動車の《全損》とは文字通り車の全部が壊れてしまった状態言い換えれば走行することができないような乗り物としての役割を満たせなくなった状況で言われますが自動車保険で言う(全損)は多少なりとも異なった内容が込められていたりします。保険では車が損傷を受けた時に【全損と分損】などと分類され、『分損』は修理費が保険金でおさまる状態を表現し、その場合とは逆に『全損』とは修理の費用が補償金の額を上回る場面を示します。一般的に、自動車の修理で【全損】という場合車の最重要のエンジンに修復できないダメージが存在したり、骨格が歪んでいたりして修復が不可能な場合再利用か処分にするのが通常です。ですが、自動車の事故でお店や車の保険会社が必要な修理のお金を計算した際に、どんだけ表面が問題なく直すことが可能な状態でも修理のお金が保険金よりも高かったらどうして車の保険にお金を払っているのか分からなくなるでしょう。こういう場合では全損と結論付けて車の所有権を自動車の保険屋さんに引き渡して保険額を貰う事になっています。当たり前の事ながらそれなりの期間使用した愛車で愛着があり自分のポケットマネーで直して乗り続けたいというひとは多数いますので状況にて自動車保険の会社と話すといいでしょう。自動車の保険によってはそういったケースを想定して車両全損時諸費用補償特約など『全損』の時に特約がある場合がいっぱりあり不幸にも自家用車が『全損』なっても購入等代金を多少なりとももってくれる時もあったりします。更に盗まれた場合の補償の特約をつけていると盗難にあった愛車がなくなった場合も(全損)とされ保険金が払われる仕組みになります。