クレカを使用していると月ごとに、ご利用明細が郵送されてきます。その利用明細書内容にはどこでいつ頃何の品にクレジットカードでどのくらい使用したのかというような細かな内容が一覧表になっているため、これまでのカードを使った履歴を確認することがとても易しく便利です。これだけで運用するには目的から外れるため少し無理があるかもしれませんが、ちょっとしたカード利用の成績表みたいなものとして見ることも難しくないので、節約の助けにもなると思います。それにカード利用代金明細が届いてからだいたい一か月後経つか経たないかで利用代金の引き落としが行われるわけです。つまり届いたご利用明細を注意していてちょっとでも記憶にない決済例をあげると行ったこともない場所が明細に載っていたら問い合わせて調べてもらえば済む場合が多いでしょう。仮に盗用カードによる不正利用に類する正当でないカード利用が判明した場合であっても、利用者にミスがないならば、大多数の事例では加入カード会社がそれらの不正な利用を削除してくれます。今時はそのようなご利用明細をネットで見ることができるブランドが一般的になっています。常時どんなサイトでどんなものを買ったかを把握する習慣にして不正使用を防ぐのはもちろんのこと収支記録の代わりとなり資産管理などもいっぺんに足りてしまいます(ホームページでクレカの履歴を参照可能なカードは昔の引き落とし額や決済可能残高なども参照できるようになっています)。クレカはこのような観点からも十二分に助けになるモノだと言えます。